レッドドックの説明

レッドドッグとは

 

レッドドッグが最初にプレーされたのは1800年代のアメリカで、意外と古いゲームです。

 

レッドドッグの由来は、レッドドッグが盛んに行われていたバーに赤毛の犬がいたという説があります。

 

レッドドッグは当時はあまり有名でなく、人気もあまりないゲームでしたが、

 

ラスベガスで1931年にカジノが合法化されて、レッドドッグポーカーという名称で再開されました。

レッドドッグ

 

現在ではラスベガスを中心に、オーストラリアやカナダで遊ばれているゲームです。

 

オンラインカジノでも比較的多くのハウスで置いているゲームです。

 

 

 

レッドドッグの基本ルール

 

レッドドッグは最初に二枚のカードをディーラーが配り、

 

三枚目のカードの数字が最初の二枚のカードの数字の間に入っていればプレイヤーの勝ちとなり配当が行われる。

 

非常に単純なゲームです。使用するのは1デッキ52枚でジョーカーは利用しない。

 

数字はAが一番上で2が一番下となります。

 

 

参加ベットをおいて、2枚のカードを見た後に、3枚目のカードがその数字の間に入ると

 

自信があればさらに同額のレイズができます。

 

 

2枚のカードの数字の間のことを 「スプレッド」といい、そのスプレッドの幅に

 

応じて配当率が変わってきます。

 

 

また、2枚のカードの数字が並びとなってスプレッドが無い状態を 「コンセクティブ」 といい、

 

この場合は引き分け(ドロー)扱いとなり、ベッドは返還されます。

 

 

2枚のカードが同じ数字の 「ペア」 の時も間の数字がなく引き分けとなりますが、

 

3枚目のカードも同じ数字になれば、「スリーカード」として 11倍の配当がつきます。

 

 

スプレッドの配当

 

スプレッドには、スプレッド1スプレッド4まであり

 

 

レッドドッグ

スプレッド16倍、出た数字がQと10の場合はJのみが勝ち

 

スプレッド25倍、出た数字がQと9の場合はJと10のみが勝ち

 

スプレッド33倍、出た数字がQと8の場合はJと10と9のみが勝ち

 

スプレッド42倍、間に入る数字が4つ以上で最大は、Aと2の11枚

 

 

レッドドッグもルールが単純なので、戦略や戦術などは必要なく

 

単純に降りるか乗るかを繰り返すだけのゲームです。

 

参加ベッドが必要なので、ルックして当てやすい時だけベッドすることが出来ないので

 

大勝することは難しいタイプのゲームです。

 

 

 

レッドドッグを試しにやってみたい方におすすめのハウスは・・・

 

オムニカジノ ・ 21Novaカジノ がおすすめです。

 

 

次のページへ

 

 

レッドドッグでおすすめのカジノ登録方法

 

オンラインカジノ注意点オムニカジノ

オムニカジノ登録

オムニカジノからソフトをダウンロードしてアカウントの作成をすすめて下さい。
名前、苗字、電話番号、メールアドレスを全て半角英数で記入して、terms and conditionsにチェックを入れてCREATEをクリック。
住所を入力される際はJuDressを利用すると便利です。
通貨は日本円(JPY)が無難です。

 

オムニカジノでは日本円が使えます。しかも登録するだけで無料で500円分のチップが貰えます。

オンラインカジノ注意点21Novaカジノ

21Novaカジノ登録

 

21NovaカジノからダウンロードOKをクリック
各項目を全て半角英数で記入して、同意するにチェックを入れて作成ボタンをクリック。

 

住所を入力される際はJuDressを利用すると便利です。
通貨は米ドル(USD)が無難です。

 

次のページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  


トップページ 危険性 入出金口座 おすすめ カジノ一覧 公営ギャンブル ワールドカップ